英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

表現力アップに、慣用句の英訳ヒント集 (16)

腹の虫が収まらない
⇒腹が立ってがまんできない can't swallow [stomach]
■ ここでの swallow は「侮辱などをがまんする、怒りなどを抑える」の意。
⇒怒りを抑えきれない contain one's anger
■ ここでの contain は「感情を抑制する」の意。

腹を抱えて笑う
⇒大笑いする hold [split / shake] one's sides with laughter [laughing]
■ ここでの sides は「横腹、わき腹」の意。

腹を決める
⇒決心する decide / make up one's mind

腹を探る
⇒それとなく人の心の中をうかがう sound out / read one's mind
sound out 「人の考えを探る」(ここでの sound はもともと「深さを測る」の意)、read one's mind 「人の心を読む、人の考えていることを知る」

腹をすえて…する
⇒覚悟を決めて…する with determination

腹を割って話す
⇒隠さないで本心を打ち明ける have a heart-to-heart talk / talk frankly [straight]
heart-to-heart 「心を打ち明けた」、ここでの straight は「率直に、正直に」の意。

ひざ

ひざを崩す
⇒楽にする、くつろぐ make oneself at home [comfortable]

ひざを交える
⇒率直に語り合う have a heart-to-heart talk

骨と皮ばかり
be all skin and bones

骨のある
⇒気骨[気概]がある have fortitude [spirit / grit]
fortitude 「辛抱強さ、不屈の精神」、grit 「根性、気概」

骨の折れる
⇒困難である hard / difficult
⇒労力が要る painstaking / laborious

骨の髄まで
⇒体の最も中心まで to the core / to the bone
⇒とことんまで、徹底して complete / dyed-in-the-wool
dyed-in-the-wool は「羊毛で染められた=紡ぐ前に染められた」が文字通りの意味のイディオムで比ゆ的に「生え抜きの、筋金入りの」の意。