英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

聖書の英語 (9)

T

The meek shall inherit the earth.
新約聖書「マタイによる福音書」5章2-5節
そこで、イエスは口を開き、教えられた。「心の貧しい人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。悲しむ人々は、幸いである、/その人たちは慰められる。柔和な人々は、幸いである、/その人たちは地を受け継ぐ
■ 「山上の説教」の導入部分の一節。「柔和であれば、闘って取らなくても結局は地を受け継ぐ」と言っている。

the power that be
新約聖書「ローマの信徒への手紙」13章1節
人は皆、上に立つ権威に従うべきです。神に由来しない権威はなく、今ある権威はすべて神によって立てられたものだからです。
■ 「時の権力者」「当局」の意で用いられる。

The root of the matter
旧約聖書「ヨブ記」19章28節
「我々が彼を追い詰めたりするだろうか」と/あなたたちは言う。この有様の根源がわたし自身にあると/あなたたちは言う。
■ 「事物の根底」「本質的部分」の意で用いられる。

The salt of the earth
新約聖書「マタイによる福音書」5章13節
「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。
■ 「山上の説教」の一部。イエスは弟子たちに「社会の塩」、つまり道徳的で善良な模範者とならなければならない、と言っている。このことから、このフレーズは「物事を一生懸命にやる人」というほめ言葉として用いられることが多い。しかし、ときには「ばか正直」という皮肉な使われ方をすることもある。

The sins of the fathers are visited upon the children.
旧約聖書「出エジプト記」20章5節
あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。わたしは主、あなたの神。わたしは熱情の神である。わたしを否む者には、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問うが、…
■ 「親の因果が子に報いる」の意で用いられる。

The spirit is willing but the flesh is weak
新約聖書「マタイによる福音書」26章41節
誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」
■ 「そうしたい気持ちは十分あるが体がいうことをきかない」という言い訳として用いられることがある。

The wages of sin is death
新約聖書「ローマの信徒への手紙」6章23節
罪が支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。