英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

シェイクスピア関連のフレーズ (9)

T

The game is up
(万事休すだ、たくらみはばれたぞ)
from Cymbeline 『シンベリン』

The jaws of death
(死地、窮地)
from Twelfth Night 『十二夜』
in / out of the jaws of death で「死地に陥って/死地を脱して」の意。

The live-long day
(終日、日がな一日)
from Julius Caesar 『ジュリアス・シーザー』
live-long は「長い、久しい」の意。退屈や喜びを含意することが多い。

The most unkindest cut of all
(世にも最も無情を極めた一撃)
from Julius Caesar 『ジュリアス・シーザー』
■ 形容詞の最上級を重ねて使うのは、シェイクスピア時代の英語としては普通の用法だったが、現代の英語としては異様なため most を省いて用いられることが多い。

The primrose path
(破滅に至る歓楽の道)
from Hamlet 『ハムレット』
primrose は「サクラソウ」のこと。

The quality of mercy is not strained
(慈悲は強いられるべきものにあらず)
from The Merchant of Venice 『ベニスの商人』

The Queen's English
(イングランド南部の標準英語)
from The Merry Wives of Windsor 『ウィンザーの陽気な女房たち』
king の治世中は the King's English という。

The slings and arrows
(辛らつきわまる攻撃)
from Hamlet 『ハムレット』
sling は「投石器」のこと。

The smallest worm will turn, being trodden on
(踏まれれば、小さな虫でも反撃する)
from Henry VI. Part 3 『ヘンリー六世 第三部』
tread on は「踏みつける」の意。

The world is my oyster
(この世は貝のようなもの⇒世界は自分の意のままだ、自由に何でもできる)
from The Merry Wives of Windsor 『ウィンザーの陽気な女房たち』