英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

マザーグース・セレクション (10)

M

Matthew, Mark, Luke, And John

Matthew, Mark, Luke, and John,
Bless the bed that I lie on.
Four corners to my bed,
Four angels round my head;
One to watch and one to pray
And two to bear my soul away.

マタイ マルコ ルカにヨハネ
わたしの寝るベッドをお守りください
ベッドに四隅
枕元に四天使
一人は見守り 一人はお祈り
あとの二人はわたしの魂を運ぶため

<参考>
最もよく知られている「お祈り唄」。子供たちは眠る前にベッドの中で手を合わせてお祈りをする。
 

Monday's Child Is Fair Of Face

Monday's child is fair of face,
Tuesday's child is full of grace,
Wednesday's child is full of woe,
Thursday's child has far to go,
Friday's child is loving and giving,
Saturday's child works hard for his living,
And the child that is born on the Sabbath day
Is bonny and blithe, and good and gay.

月曜生まれの子は器量がよい
火曜生まれの子は品がよい
水曜生まれの子は苦悩が多い
木曜生まれの子は遠くへ旅立つ
金曜生まれの子は気前がよい
土曜生まれの子はあくせく働く
そして安息日に生まれた子は
かわいくて陽気 親切でほがらか

<語句>
fair 「美しい、魅力的な」、woe 「悲哀、悲痛、苦悩」、Sabbath day 「安息日」(キリスト教では日曜日、ユダヤ教では土曜日、イスラム教では金曜日)、bonny 「美しい、愛らしい;健康な」、blithe 「楽しげな、快活な」
 

O

Old King Cole

Old King Cole
Was a merry old soul,
And a merry old soul was he;
He called for his pipe,
And he called for his bowl,
And he called for his fiddlers three.

Every fiddler, he had a fiddle,
And a very fine fiddle had he;
Twee tweedle dee, tweedle dee, went the fiddlers.
Oh, there's none so rare
As can compare
With King Cole and his fiddlers three.

コールの王様は
陽気なお方だった
本当に陽気なお方だった
タバコのパイプを持ってこさせ
酒のお椀を持ってこさせ
三人のバイオリン弾きを呼び寄せた

どのバイオリン弾きもバイオリンを持っていた
それもとても立派なバイオリンだった
バイオリンはよい音色をかなで続けた
ああ コールの王様と三人のバイオリン弾きに
匹敵するほど
すばらしい方たちはどこにもいません

<語句>
soul 「人」、bowl 「酒の大杯」(古語)、rare 「すばらしい;結構な」
<参考>
Humpty Dumpty などと並んで、マザーグースの中でも最もポピュラーな唄の一つ。