英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

マザーグース・セレクション (18)

T

Thirty Days Hath September

Thirty days hath September,
April, June, and November;
All the rest have thirty-one,
Excepting February alone,
And that has twenty-eight days clear
And twenty-nine in each leap year.

三十日あるのは九月に
四月 六月に十一月
残りの月はみんな三十一日
ただし 二月だけは別
ふつうの年はまるまる二十八日で
うるう年には二十九日ある

<語句>
hath = has (古語)、clear 「純粋の、正味の、全くの」、leap year 「うるう年」
<参考>
月の日数を子供たちに覚えさせるための「暦唄[月日唄]」の一つ。
 

This Is The House That Jack Built

This is the farmer sowing his corn,
That kept the cock that crowed in the morn,
That waked the priest all shaven and shorn,
That married the man all tattered and torn,
That kissed the maiden all forlorn,
That milked the cow with the crumpled horn,
That tossed the dog,
That worried the cat,
That killed the rat,
That ate the malt
That lay in the house that Jack built.

これはジャックが建てた
家に置いてあった
モルトを食べた
ネズミを殺した
ネコをいじめた
イヌをほうり上げた
ねじれた角の雌牛の乳をしぼった
孤独な娘にキスをした
ボロをまとった男を結婚させた
ひげを剃って髪を刈り込んだ司祭を起こした
朝時を告げたオンドリを飼っている麦をまいている農夫だ

<語句>
corn 「イギリスでは小麦」、crow 「おんどりが鳴く、時を作る」、morn 「朝」、shorn shear (刈る)の過去分詞形、tattered 「ぼろぼろになった;ぼろを着た」、maiden 「乙女、娘、少女」、forlorn 「みじめな、孤独な」、crumpled 「ねじれた;しわくちゃの、くしゃくしゃの」、worry 「犬がくわえて振り回す、いじめる」
<参考>
この唄の一番は
This is the house that Jack built.
二番は
This is the malt
That lay in the house that Jack built.

三番は
This is the rat,
That ate the malt
That lay in the house that Jack built.

というように、唄が進むにつれて1行ずつ増えていく。このような型の唄は特に「積み上げ唄」とか「積み重ね唄」と呼ばれている。