英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

マザーグース・フレーズ集 (2)

 

Play ring-around-the rosy
(堂々めぐりばかりする)
from Ring-A-Ring O' Roses

Simple Simon
(間抜け者、愚か者)
from Simple Simon Met A Pieman

Sing for one's supper
(ごちそうのお返しに歌を歌う⇒応分のお返しをする)
from Little Tommy Tucker

Some like it hot
(人にはそれぞれ好みがある)
from Pease Porridge Hot

The butcher, the baker, the candlestick-maker
(さまざまな職業[商売]の人たち)
from Rub-A-Dub-Dub

The house that Jack built
(ジャックが建てた家)
from This Is The House That Jack Built
house の意味を企業や建造物一般も含めて広く使い、Jack の代わりにそれらの創設や再建、発展などに功労のあった人の名前をあてはめて引用されることがある。

Tweedledum and Tweedledee
(似た者同士;喧嘩早い二人)
from Tweedledum And Tweedledee
■ ここでの「よく似ている」というのは、姿かたちだけではなくて、意見や考え方などがよく似ていることも含む。

Upstairs and downstairs and in my lady's chamber
(家の中をくまなく)
from Goosey, Goosey, Gander
■ 英米人は upstairs and downstairs ですむところを、つい and in my lady's chamber という語句をつけてしまうこともあるそうだ。

Walk a crooked mile
(よこしまな道を歩く、悪事を重ねる)
from There Was A Crooked Man, And He Walked A Crooked Mile

Who killed Cock Robin?
(誰が殺った[葬り去った]のだ?)
from Who Killed Cock Robin?
■ これに関連して、Cock Robin が「被害者」、Sparrow が「殺人犯」、Fly が「目撃者」の意で用いられることがある。

With vinegar and brown paper
(酢とばんそうこうで)
from Jack And Jill Went Up The Hill
■ 英米人は頭のけがの手当てと聞いて、このフレーズを連想するそうだ。