英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

シェイクスピア・名言集 (6)

O

Once more unto the breach, dear friends, once more,
Or close the wall up with our English dead.

(もう一度あの突破口へ突撃だ、諸君、もう一度、
それが成らずばイギリス兵の死体であの穴をふさいでしまえ)
日本語訳は「シェイクスピア全集」(白水Uブックス)から引用させていただきました。以下同じ。
― 『ヘンリー五世』 第3幕第1場
breach 「城壁・堤防などの破れ口」

One sorrow never comes but brings an heir
That may succeed as his inheritor.

(悲しみは独りではこない、必ず連れを伴ってくる
その悲しみの跡継ぎとなるような連れを)
― 『ペリクリーズ』 第1幕第5場
inheritor 「相続人、後継者」

Our bodies are our gardens, to the which our wills are gardeners.
(この五体が庭だとすれば、その庭師はおのれの意志だ)
― 『オセロー』 第1幕第3場
the which = which (古風)

P, S

Present fears
Are less than horrible imaginings.

(眼前の恐怖も
想像力の生みなす恐怖ほど恐ろしくはない)
― 『マクベス』 第1幕第3場

So quick bright things come to confusion.
(美しいものはたちまち滅びるのだ)
― 『夏の夜の夢』 第1幕第1場

Superfluous branches
We lop away, that bearing boughs may live.

(おれたちは余分な枝を
切り落とすだろう、ありゃあ実をつけた枝を生かすためだ)
― 『リチャード二世』 第3幕第4場
superfluous 「余分の、不必要な」、lop 「枝を切る」

Sweet are the uses of adversity;
(逆境が人に与える教訓ほどうるわしいものはない)
― 『お気に召すまま』 第2幕第1場
use 「効果、有用」

T

Take up the sword again, or take up me.
(その剣をとられるか、それとも私をとられるか)
― 『リチャード三世』 第1幕第2場

The better for my foes and the worse for my friends.
(敵のおかげでいいめを見、友だちのおかげで悪いめを見てるところだ)
― 『十二夜』 第5幕第1場
foe = enemy (古風)

The course of true love never did run smooth.
(まことの恋が平穏無事に進んだためしはない)
― 『夏の夜の夢』 第1幕第1場