英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

英語のなぞなぞ (8)

 

71. What word of only three syllables contains twenty-six letters?
(たった3音節の単語で26文字を含むものは何か?)
Ans. Alphabet. (アルファベット)
alphabetal-pha-bet という3音節からできている。
<参考>音節について
辞書の見出し語の単語を見ると、一つの単語が点や短い線でいくつかに分かれているのがわかる。これは音の切れ目を表している。例えば English という単語は Eng-lish のように分かれているので、二つの音のカタマリからできていることになる。この音のカタマリを「音節」という。

72. When is an elevator not an elevator?
(エレベーターがエレベーターでなくなるのはいつか?)
Ans. When it is going down. (エレベーターが下へ降りてくるとき)
elevator のもとになっている動詞 elevate は「上げる」という意味。したがって elevator は「ものを上に上げる装置」ということ。

73. Why is an island like the letter T?
(なぜ島は T という文字に似ているのか?)
Ans. Because it is in the midst of water.water の真ん中にあるから)
■ 島(island)は水(water)の真ん中にあり、 water という語の真ん中の文字は t である。

74. Why is the letter A like noon?
(なぜ A という文字は正午に似ているのか?)
Ans. Because it's in the middle of day.day の真ん中にあるから)
■ 正午(noon)は一日(day)の真ん中であり、day という語の真ん中の文字は a である。

75. Why should dieters avoid the letter C?
(なぜダイエットをしている人は C という文字を避けたほうがいいのか?)
Ans. Because it makes fat a fact.C は、「太っている」ことを事実にするから)
fat (太った)に c を加えると fact (事実)になる。

76. The beginning of eternity, the end of time and space, the beginning of every end, and the end of every place. What is this?
(永遠の始まりで、時間と空間の終わりで、すべての終わりの始まりで、すべての場所の終わり。これは何か?)
Ans. The letter e.e という文字)
■ 各語(フレーズ)の始めと終わりに注目する。

77. What can be right, but never wrong?
right ではありうるが、wrong では決してありえないものは何か?)
Ans. Angle. (角度)
right には「右の」「正しい」の他に「角度が90度の」という意味があるので、right angle は「直角」。wrong angle という言い方はない。

78. What can be served but not eaten?
(出すことはできるが食べられないものは何か?)
Ans. A tennis ball. (テニスボール)
serve には「仕える」の他に「飲食物を出す」や「球技でボールをサーブする」といった意味がある。

79. What did the mother scissors say to the baby scissors?
(母ハサミは赤ちゃんハサミに何と言ったか?)
Ans. Cut it out! (やめなさい)
Cut it out は「よせ、やめろ」の意のイディオムだが、文字通りには「それを切り取りなさい」。

80. What did the pig say when a farmer caught him by the tail?
(ブタは農夫にしっぽをつかまれたとき何と言ったか?)
Ans. This is the end of me. (これはおれの最期だ)
end には「終わり」の他に「末端、先端」や「最期」(death の婉曲語として)といった意味がある。したがって、答えの英文には「これはおれの(体の)先端だ」という意味も含まれる。