英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

英語のなぞなぞ (11)

 

101. Why is a book like a hotel?
(なぜ本はホテルに似ているのか?)
Ans. Because it has many pages. (本にはページがたくさんあるから)
page には「本・雑誌などのページ」の他に「ホテル・クラブなどのボーイ」という意味がある。

102. Why is a dog biting his own tail like an efficient housewife?
(なぜ自分のしっぽをかんでいる犬は有能な主婦に似ているのか?)
Ans. Because He is making both ends meet. (両端を合わせているから)
make both ends meet は文字通りには「両端を合わせる」という意味だが、「家計の帳尻を合わせる⇒収入内でなんとかやりくりする」の意のイディオムとして用いられる。

103. Why is a heart like a policeman?
(なぜ心臓は警官に似ているのか?)
Ans. Because it follows a regular beat. (規則正しく鼓動するから)
beat には「警官などの巡回[パトロール]区域」という意味もある。したがって follow a regular beat は「一定の巡回区域を回る」という意味にもなる。

104. Why is an empty room like the one full of honeymooners?
(なぜ空室は新婚旅行者でいっぱいの部屋に似ているのか?)
Ans. Because there is not a single person in the room. (その部屋には人が一人もいないから)
single には「独身の」という意味もある。したがって、not a single person は「独身者がいない」という意味にもなる。

105. Why is an empty purse always the same?
(なぜ空の財布はいつも同じなのか?)
Ans. Because there is no change in it. (そこには何の変化もないから)
change に「変化」の他に「小銭」という意味もある。したがって、答えの英文には「小銭が入っていないから」という意味も含まれる。

106. Why is it easier to read a book in autumn?
(なぜ秋のほうが本を読むのが簡単なのか?)
Ans. Because the leaves turn by themselves. (ページがひとりでにめくれるから)
leaf には「葉」と「書物の紙の一枚」という意味がある。したがって、答えの英文には「葉がひとりでにひるがえるから」という意味も含まれる。

107. Why is it hard to talk when there's a goat around?
(あたりにヤギがいるとなぜ話をするのが難しいのか?)
Ans. Because the goat keep butting in. (ヤギが角で突いて入り込もうとするから)
butt in は文字通りには「ヤギなどが角で突いて入り込む」という意味だが、イディオムとして「口をさしはさむ、干渉する」の意で用いられる。

108. Why is the letter E like London?
(なぜ E という文字はロンドンに似ているのか?
Ans. Because E is the capital of England. (イングランドの capital だから))
capital には「首都」と「大文字」という意味がある。したがって、答えの英文は「E はイングランドの首都だから」と「E はイングランドの大文字だから」の二通りの意味になる。もちろん、イングランドの首都はロンドンである。

109. Why should a spider make a good out-fielder?
(なぜクモは名外野手になれるのか?)
Ans. Because he always catches flies. (いつもフライを捕るから)
fly には「飛ぶ」の他に、「野球のフライ(飛球)」や「ハエ」という意味がある。したがって、答えの英文には「いつもハエを捕るから」という意味も含まれる。

110. Why was the mother flea so sad?
(なぜお母さんノミはそんなに悲しんでいたのか?)
Ans. Because her children were going to the dogs. (子供たちが犬の方へ行こうとしていたから)
go to the dogs は文字通りには「犬の方へ行く」という意味だが、イディオムとして「落ちぶれる、堕落[破滅]する」の意で用いられる。