英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

基本単語の意外な意味 (3)

B

bean
「銭、一枚の硬貨」
I don't have a bean. - SAEJD
(私は一文なしだ)

bear
「大柄で気性の激しい人、がさつ者」
He is a great bear of a man. - SAEJD
(彼は大グマのようながさつな男だ)

beast
@「がんこ者、いじわる」
Don' be a beast. Do as I tell you. - SAEJD
(強情を張らないで私の言うとおりにしなさい)
A「ひどくいやなもの」
■ 通例 a beast of ~ の形で用いられる。
a beast of a job - LPEJD
(大嫌いな仕事)
that beast of a driver - SAEJD
(あのひどい運転手のやつ)

beat
「理解不能にさせる、訳がわからなくさせる」
What beasts me is why he did it. = It beasts me why he did it. - SAEJD
(彼がどうしてそんなことをしたのかわからない)

beautiful
「すばらしい、すてきな、みごとな」
a beautiful opportunity - LPEJD
(絶好の機会)
The ceremony was beautiful. - SAEJD
(その式典はすばらしかった)

beauty
「すばらしい[すごい]もの;みごとな実例」
The new car is a beauty. - SAEJD
(その新車はすばらしい)
This mistake is a beauty. - SAEJD
(この誤りは典型的なものだ)

bee
「仕事・競技などの集まり、寄り合い」
■ アメリカ英語。
a husking bee - LPEJD
(トウモロコシの皮を共同でむく寄り合い)
<参考>植民地時代から行われ、社交の集まりとなった。
a spelling bee - LPEJD
(つづり字競技会)
<参考>授業の一環として行われるほかに大がかりな全国大会まである。

beef
@「筋肉、体力;肉づき、体重」
a wrestler with a lot of beef - LPEJD
(筋肉隆々たるレスリング選手)
He's got plenty of beef. - SAEJD
(彼は太っている)
A「不平、抗議」
What's the beef? - SAEJD
(言いたい文句は何だ)

believe
「たしか…(と思う)」
■ 通例 I believe の形で挿入的に用いられる。あまり確信のない言い方。
He has, I believe, two sons. = He has two sons, I believe. - SAEJD
(彼にはたしか息子が2人いる)
<参考>「信じる」「考える」といった意味との区別(信じ方の強さ)は前後関係による。

big
@「人が重要な、偉い;重大な」
the big men of the town - SAEJD
(町のお偉方たち)
The big question is who bell the cat. - SAEJD
(重要な問題はだれが猫に鈴をつけるかということだ)
A「尊大な、高慢な;おおげさな、もったいぶった」
look big - LPEJD
(偉そうな顔をしている)
big words - SAEJD
(やたらに長い[難しい]語;大言壮語)