英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

基本単語の意外な意味 (6)

B

bump
「組織・地位などから追い出す;航空会社が乗客の予約を取り消す」
The flight was overbooked, and Dad was the first one to be bumped. - LDCE
(その便は定員以上の予約を受けていて、父は最初に予約を取り消された)

bunch
「人などの一団、群れ」
the pick [best] of the bunch - LPEJD
(その中でいちばん優れたもの、「ピカ一」)

bundle
@「かたまり;…のかたまりのような人」
I was a bundle of nerves during the interview. - LPEJD
(私は面接の間神経がピリピリしていた)
A「大金」
A company can make a bundle by selling unwanted property. - LDCE
(会社は不必要な資産を売却して大もうけすることができる)

burn
「怒らせる」
■ 主にアメリカ英語。
It really burns me to be treated like that. - SAEJD
(あんな扱いを受けて本当に腹が立つ)

business
「やっかいなこと」
What a business it is writing a letter! - SAEJD
(手紙を書くのはなんと骨の折れることか)

C

call
「正当な理由、根拠」
■ 通例否定文で用いられる。
There's no call for you [You have no call ] to come. - SAEJD
(おまえなんか来る必要はないんだよ)

carry
「商品を店に置く、扱う、売っている」
We don't carry that brand. - SAEJD
(私どもの店ではそのブランドは扱っていません)

case
「変わり者;まぬけ」
She's a case. - SAEJD
(彼女は変わり者だよ)

catch
@「手に入れる価値のある人[物];掘り出し物;よい結婚相手」
He is an excellent catch. - SAEJD
(彼は夫として大いに望ましい人だ)
A「人をひっかけるわな、落とし穴;隠れた難点[欠陥]」
There is a catch in the question. - SAEJD
(その質問には「かま」がかけてある)
This deal looks too good to be true - there must be a catch somewhere.- LDCE
(この契約は話がうますぎる。どこかに落とし穴があるにちがいない)

chair
「死刑用の電気いす」
■ 主にアメリカ英語。
go [be sent] to the chair - LPEJD
(死刑に処せられる)