英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

英会話、今すぐ使える ひとことフレーズ・4語編 (14)

 

くつろいでください
Make yourself at home.
make oneself at home は「くつろぐ、気楽にする」という意味。
“Hi, nice to see you. Come in and make yourself at home.” “Thank you.”
「やあ、こんにちは。上がってくつろいでよ」「ありがとう」(SAEJD)

でしゃばるな
Stay out of it.
■ 比較的きつい言い方です。stay out of は「…にかかわらない」という意味。Stay out of my business. とも言います。

気が気じゃない
It always worries me.
worry は「人を心配させる」という意味。worry を「心配の種」という意味の名詞として用いて It's a big worry (for me). と言うこともできます。

一か八かだ
Let's take a chance.
take a chance は「一か八かやってみる」。Let's try our luck.(運を試してみよう) と言うこともできます。
I'll take a chance and try a sales contract with that company.
(ここは一か八かその会社と売買契約を結んでみるつもりだ)(SAEJD)

ありがとう、でもけっこう
Thanks but no thanks.
■ 相手の勧誘を丁重に断るときに用います。

私にやらせて
Let me do it.
■ 親しい間柄で用います。

そこまで言わなくても
That's going too far.
go too far は「度が過ぎる、やり[言い]すぎる」という意味。

損したなあ
I missed the boat.
■ miss the boat は「ボートに乗り遅れる」⇒「チャンスを逃す」。
You'll miss the boat if you don't buy shares now.
(今株を買わなかったら損することになるよ)(LDCE)

この席、空いてますか
Is this seat taken?
Is this seat free [occupied]? と言うこともできます。
“Excuse me, is this seat taken?” “Uh, no, no. I'll move my bag.”
「すみません、この席どなたか座ってますか」「あ、いや。だれもいません。かばんどけます」(SAEJD)

責任者を呼んでください
Who's in charge here?
■ ここでの charge は「責任、監督」。直訳は「責任者はだれですか」。