英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

日々の和文英訳 文法編・副詞節−時 (2)

 

1. 大都会に住んでみる、静かな故郷の村をなつかしく思う。
<参照文>
How I miss the taste of boiled potatoes in broth which my mom cooked for me so often!
(おふくろがよく作ってくれた煮っころがしの味がなつかしい)- SAJED


<訳例>
When you live in a big [large] city, you will miss your quiet home village.
「故郷」

2. うちに帰るとすぐに学校へ傘を忘れてきたことを思い出した。
<参照文>
She often leaves her umbrella on the train.
(彼女はよく電車の中に傘を忘れる)- SAJED
*「ある場所に物を置き忘れる」は、場所を表す副詞を伴うときは、通例 leave を用います。


<訳例>
As soon as I got home, I remembered that I had left my umbrella at the school.
remember

3. 彼は本を読みながら眠ってしまった。
<参照文>
I fell asleep [went to sleep] before I knew it.
(ぼくはいつの間にか眠ってしまった)- SAJED


<訳例>
He fell asleep while he was reading.
while はある長さの期間を表すので、while 節の動詞は状態動詞か、動作動詞の進行形が多いです。

4. 彼はその文を暗記するまで何度も読んだ。
<参照文>
The teacher likes to have us learn every lesson in the textbook by heart.
(先生はぼくたちに各課を暗記させるのが好きだ)- SAJED
We took a liking to that hot spring resort and went there many times [over and over again].
(ぼくたちはその温泉が気に入って何度も出かけた)- SAJED


<訳例>
He read the sentence over and over again until he learned it by heart.

5. 仕事はいったんやり始めたら、最後までやり抜きなさい。
<参照文>
No matter how hard the task may be, we must carry it out [thorough] to the end.
(仕事がどんなに困難でも最後までやり抜かなければならない)- SAJED


<訳例>
Once you start doing a job, you should carry it out [through] to the end.
once は「いったん…すると」という意味の接続詞として用いることができます。