英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

日々の和文英訳 文法編・副詞節−目的 (2)

 

1. 私がその汽車に間に合うように、母はけさ早く起きた。
<参照文>
If you leave now, you can catch the eleven-o'clock train.
(今出れば11時の電車に間に合う)- SAJED


<訳例>
My mother got up very early this morning so that I could catch the train.
「(乗り物に)間に合う」

2. 必要なときにはいつでもすぐわかるように、机の上のものはきちんと整理しておきなさい。
<発想>
「すぐわかるように」⇒「簡単に見つかるように」
<参照文>
Keep your things in good order.
(身のまわりの物をちゃんと整とんしておきなさい)- SAJED


<訳例>
Keep the things on your desk in good order so that you can find them easily whenever you need them.

3. バスに酔うといけないからこの薬を飲んでおきなさい。
<参照文>
I often get sick on buses.
(私はよくバスに酔う)- SAJED


<訳例>
Take this medicine so that you won't get sick on the bus.

4. 風邪をひくといけないから外套を着て行きなさい。


<訳例>
Put on your overcoat before you go out in case you catch a cold.
◎「…しないように;…するといけないから」は<lest S (should) V>を用いても表せますが、これは堅い言い方で今では古風に感じられ、くだけた日常会話では使いません。
put on / wear

5. 人に見られるといけないので、彼は急いで公衆電話ボックスのかげに隠れた。
<参照文>
The boy hid behind the hedge.
(その少年は生け垣に隠れた)- SAJED


<訳例>
He hurriedly hid behind the phone booth so that he wouldn't be seen.
<別解>
He rushed behind the call box for fear that he might be seen.
◎ 「…しないように;…するといけないから」は<for fear that S might [should, etc.] V>でも表せますが、これは「…することを恐れて」という意味の堅い表現です。