英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

日々の和文英訳 文法編・副詞節−条件 (1)

 

1. もし異存があれ、書類に署名することはありません。
<参照文>
Do you have any objection to my proposal?
(私の提案に何かご異存がおありですか)- SAJED


<訳例>
If you have any objection, you don' have to sign the papers [documents].
「署名」

2. 私が帰らないうちに彼が来たら、待つように言ってください。
<発想>
「帰らないうちに」⇒「帰る前に」


<訳例>
If he comes before I get back, please ask him to wait.

3. 明日天気がよかったら、上野公園に行って美術展覧会を見てこよう。
<参照文>
I went to Ueno to see the exhibition yesterday.
(昨日展覧会を見に上野へ行った)- SAJED


<訳例>
If it is fine tomorrow, I think I'll go to Ueno Park to see the art exhibition.
◎ 「時」や「条件」の副詞節の中では未来を表す場合に will の代わりに現在形を用います。

4. 何か困ったことがあったら、いつでも遠慮なく私に相談してください。
<参照文>
Don't hesitate to ask me anything.
(遠慮なく質問してください)- ラーナーズ・プログレッシブ和英辞典 以下 LPEJD
I'd like to talk to you about something for a moment.
(ちょっと相談したいことがあるのですが)- LPJED


<訳例>
If you have any problem, don't hesitate to come to talk to me (at) any time.

5. もし私が忘れていたら、注意してください。
<参照文>
Will you remind me to call her (up) tomorrow?
(あす彼女に電話するのを忘れていたら注意してください)- LPJED


<訳例>
In case I forget, please remind me.
◎ <in case S + V>「もし…ならば、…の場合には」