英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

日々の和文英訳 文法編・副詞節−譲歩 (2)

 

1. 彼は大学を出ているのに、簡単な手紙一つ英語で書けない。
<参照文>
The number of the female college graduates applying for jobs has increases this year.
(今年は大卒女子の求職者が増えた)- SAJED


<訳例>
Though he is a college graduate, he cannot write even a simple letter in English.
graduate

2. いつ彼女が来ようとも、彼女を歓迎する用意ができている。


<訳例>
Whenever [No matter when] she may come [comes], we are ready to welcome her.
◎<whenever / no matter when S + V>「たとえいつ…しようとも」

3. どんなに努力しても、1年や2年で外国語に熟達することはできないであろう。
<発想>
「どんなに努力しても」⇒「どんなに一生けんめいがんばっても」
<参照文>
It's almost impossible to master a foreign language in a short time.
(短期間で外国語に熟達するのはほとんど不可能だ)- SAJED


<訳例>
However [No matter how] hard you (may) try, you won't be able to master a foreign language in a year or two.
master

4. たとえ彼がそう言ったにせよ、本気かどうか確かではない。
<参照文>
“I'm thinking about quitting my job?” “Do you really mean it?”
「会社を辞めようと思ってるんだ」「君、本気なの?」- LPJED


<訳例>
Even though he said so, we cannot be sure whether he meant it or not.
◎<even if [though] S + V>「たとえ…だとしても」
even if はこれから起こることを仮定していうのに対して、even though は過去に起こったこと、現在起こりつつあることについて用います。

5. たとえぼくが借金をしても、その金をきみに融通してあげよう。
<参照文>
My uncle lent me two hundred thousand yen.
(おじが20万円融通してくれた)- SAJED


<訳例>
I will lend you the money, even if I have to borrow it myself.