英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

日々の和文英訳 文法編・否定 (1)

 

1. この図書館には子供向きの読み物がない


<訳例>
There are no reading materials for children in this library.

2. 毎日多くの書物が出版されますが、みんなが良書とは限りません
<参照文>
“When will his new novel come out [be published]?” “It'll come out early next month.”
「彼の新作の小説はいつ出版されますか」「来月始めです」- LPJED


<訳例>
A large number of books are published every day, bur not all of them are good.
◎<not all>の語順で部分否定(すべてが…というわけでない)になります。all ... not の語順では、場合によっては全体否定(すべてが…でない)の意味にとられることもあります。

3. ポットにコーヒーはほとんど残っていない


<訳例>
There is very little [hardly any] coffee left in the pot.
◎「ほとんどない、少ししかない」は<few + 複数形の可算名詞>あるいは<little + 不可算名詞>で表すことができます。ただし、くだけた日常会話では few, little の代わりに not (...) many [much], hardly any, almost no などがよく用いられます。

4. そのアメリカ人の学者の講演はほとんど理解できなかった


<訳例>
I could hardly understand the lecture by the American scholar.
◎「ほとんど…ない」は hardly, scarcely で表します(アメリカでは hardly の方を多用)。can, could とともに用いられることが多いです。

5. 私たちはお互い近くに住んでいるが、めったに会わない


<訳例>
Though we live close to each other, we rarely meet.
◎「めったに…ない」は rarely, seldom で表します(rarely の方がくだけた言い方)。