英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

日々の和文英訳 文法編・不定詞 (1)

 

1. 始発電車に間に合うように速く走った。


<訳例>
I ran fast (in order) to catch the first train.
◎「目的」を表すにはしばしば<to V>を用います。また、<so as to V>や<in order to V>(堅い言い方)の形を用いることもできます。

2. 老婦人は転ばないように注意深く歩いた。


<訳例>
The elderly woman walked carefully so as not to fall down.
◎「…しないように」は<so as to V>や<in order to V>を用いるのがふつうです。

3. 彼は箱が空になっているのを見て驚いた


<訳例>
He was surprised to find the box empty.
◎<形容詞 + to V>の形で、あることに対する「人の感情的反応」を表すことができます。

4. 彼はもう起きられるくらいよくなっています。
<発想>
「起きられる」⇒「病人が床を離れる」


<訳例>
He is now well enough to leave his bed.
◎<... enough to V>「〜する[できる]ほど…だ」《... は形容詞・副詞》

5. 驚きのあまり口もきけなかった。


<訳例>
I was too surprised to speak.
◎<too ... to V>「〜するには…すぎる」《... は形容詞・副詞》