英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

英語・英会話の情報センター

日々の和文英訳 文法編・総復習 (6)

 

1. 君は父親の言いなりになる必要はないのだ。
<考え方>
「言いなりになる」⇒「言うとおりにする」と考えて「様態」の副詞節で処理をします。


<訳例>
You don't have to do just as your father tells you.

2. あいつはがんこで自分の誤りを認めないんだ。
<考え方>
「自分がまちがっていることを認めるにはがんこ(hardheadedすぎる」と考えて不定詞の慣用表現を用います。


<訳例>
He is too hardheaded to admit that he is wrong.

3. 詩を味わうためには声に出して読んだほうがよい。
<考え方>
「詩を味わう」⇒「詩を鑑賞する」と考えて動詞を選択します。


<訳例>
In order to appreciate a poem, you should read it aloud.

4. 彼はいつも後先を考えずに突っ走る(push forward [ahead])。
<考え方>
「後先を考えずに」(⇒「成り行きをよく考えないで」)のところは前置詞句で表してみましょう。


<訳例>
He always pushes forward [ahead] without considering the consequences.

5. こんな寒い日に海に飛び込むなんて君も勇ましいね。
<考え方>
「〜するとは人は…だ」の It 構文を活用します。


<訳例>
It's bold of you to dive into the sea on such a cold day like this.